30歳というプレッシャー

自由に自由に、書く。
それこそ今まで出来そうで出来なかったこと。

なぜか。

自分は今30歳だけど、27〜28あたりからの30歳へのプレッシャーはすごかった。
こうでなきゃいけない、こうしたい、こうなってないとまずい。

でもそれは乗り越えた今わかるんだけど、所詮
自分が思い描いていた言わば勝手に作り上げた創造の30歳像であっただけ。だった。

なんも。人なんて20も25も30も大して変わらない。
言ってしまえば人格が形成されたと思われる高校あたりからなんも変わってません。。
だから高校の友達はずっと仲良いのかもしれない。小学生より中学生より。

とにかく僕は、30歳へのプレッシャー。
かっこいい理想の自分になりたいため、に、好き勝手書くことを控えた。

恥ずかしかったり、ブランディング面でイメージと違ったから。


でもそれは全部間違いだったような気がしてる。。

人は常に100%さらけ出して、ストレスなく生きた方が良いんだよきっと。
言いたいこと我慢して生きるより、それが誰かを傷つけたりするものでなければ
何言ったって良いと思うんだ。

なんで、もすこし気楽に、生きていこう、そんな今日の気分でした。。