日本人EDMミュージシャンはなぜ出てこないのか

日本人EDMミュージシャンはなぜ出てこないのか

強めなタイトルですが、一般層から見るとその通りかと思います。
EDMはクラブを中心に盛り上がっていますが、その音楽性はとても素晴らしく僕も大好きです。
ビルドアップが来て、、音サビにドーンといく。知らない曲でもこのわかりやすい展開によって誰でもすぐに楽しめる、こんな音楽が出てきたことに感動していました。

ロック、ヒップホップ、レゲエ、、世界を魅了する音楽は、
日本にも例外なく浸透しました。

当初は、その発端となるアーティスト、つまり海外のミュージシャンによってヒットした曲が
日本にも入って来て、受け入れられ、
そしてそれに多大な影響を受けた日本人により、日本語のロック、ヒップホップ、レゲエがリリースされ、
さらに浸透していく。。そんな流れが音楽の世界ではずっとあったのではないでしょうか。

EDM。
2010年頃からかと思うのですが、これまた同様に海外から始まり、
日本では2014年からウルトラジャパンが開催されるなど、当初は実験的な開催にも感じましたが、それは盛況であり、2018年現在まで継続しています。
僕もウルトラジャパン、EDCと行って現地の空気感を肌で感じて来ましたが、
それは今までのROCKフェスとは異なった空間、楽しみ方ができる場所でした。

ロックフェスとEDMフェスの共通点は
・複数ステージの同時開催
・2-3日間の開催

ロックフェスの特徴
・ステージは幾つもあれど、1つ1つがライブハウスのよう。演奏や歌を聴くことが主。アルコールは控えめ。
・会場はキャンプ場+アルファというアウトドア感。
・客はあくまで客。ステージの演者によって作られる世界観に入り込む。
・照明はあくまで演者の補助。悪い意味ではなく、これが従来型。
・バンド形態がほとんど。ソロもあるが、その場合でもサポートメンバー含む演奏形態が多い。
・生演奏が主。

EDMフェスの特徴
・クラブの野外版。アルコールありき。ステージでは騒ぐ箇所が非常にわかりやすいビルドアップによって、誰もが酔いながらサビで一体感を味わえる。
・会場が都会型でオシャレ系。ビルが見えるなど。
・客が仮装するなど、ハロウィンのような自主的に参加する型。
・照明が先進的。音と同期され、音+照明のショー。
・DJ(基本的に1人or2人)による。
・生演奏はほとんどなく、DJプレイが主。

個人的主観で色々書きましたが、
どちらも「お客さんが楽しんで帰る」という点では全く同じで、
アプローチの違いだと思ってます。

ここで話を戻しますが、

「日本人EDMアーティスト」

世界で浸透したEDMなら日本からも1人くらい代表するアーティストがいてもいいと
ここ数年ずっと思っていますが、未だ兆候はほとんどない、、と言えるかもしれません。

唯一中田ヤスタカがシーンをリードしている感じがしますが、
中田ヤスタカの魅力は、最新のサウンドに従来のPOPSを落とし込んだ世界観だと思ってます。

AviciiやZeddのような生粋のEDMアーティスト、とはちょっと違うのかもしれません。


そこで僕なりに考えてみましたが、、

・日本人が英語が苦手
→日本では英語が使えなくても十分生活に困らないため、浸透していない現状があります。ですがこれは80年代のロックシーンにも言えることです。日本語に落とし込んだEDMが出来上がればいいのです。ロックに日本語は合わない、このようなことはヒップホップやレゲエにも当然言われていましたが、それはそれ、これはこれ。中国の中華料理と日本の中華料理の味付けが全然違ったりすることと同じで、日本人向け、でいいのです。

・EDMの年数が浅い
→ヒップホップでいえば70-80年代から始まったらしいですが、日本で浸透するのは90年くらいらしいです(詳しくないので表面的な知識です、違ったらすいません)。この例でいえばルーツから日本で浸透するまでに最大20年という感じでしょうか。。EDMは2000年代後半が始まりと言われているようです。例えば2012年にEDMを聞いて衝撃を受けた中学生(14歳)が、6年後二十歳になってこれを主にどんどんリリースする (2018、今か!?)そんな流れがあってもおかしくないのかもしれません。

・ベテランのクラブDJとEDM DJは住む世界が違う
→ベテランクラブDJ=既存の曲でフロアを沸かす系、と捉えてください。見た目は同じDJ機材を音を流すDJなんですが、EDM系は自分で作り上げた曲をプレイするのが主なのに対して、昔からのクラブDJさんは、自分で作ることは専門外なのです。すでに存在する、オムライスや寿司、ステーキを利用して「ステーキ寿司」を作り上げる(表現が強引ですが)のが既存のクラブDJと感じています。EDM DJは、自分がPCの作曲ソフトで作り上げた電子音楽を、DJ機材を通して客に浴びせる、この大きな違い。作曲家とエディット職人、そんな根本的な違いがあるからこそ、既存DJから有名なEDM DJが誕生しないのだと思いますし、既存のクラブDJさんからしたらこのEDMの大きな波というのはどう感じているのかが気になるところです。既存のいい曲をプレイするから、EDMだろうがハウスだろうがなんでも良いものはよく、フロアを沸かせるのだ、というDJさんなのでしょうか。

 

そんな感じで「DJ」という存在であれば無数にいらっしゃるのです。
DJがたくさんいるのだから、EDM DJのスターが出てこないのはなぜか。
となれば、往年のDJさんと、EDM DJさんは、エディット職人と作曲家という、根本的な立場の違いがあるからなのです。

EDMスターが出てくるとすれば、
作曲家とは言わずとも、シンガーソングライターでDAWを駆使する人で、EDMが大好きであれば、EDM DJの日本人スターが出てくるでしょう。

時代の進歩が生み出したEDMというジャンルだと思っています。
自宅で、ソフトシンセやサンプルで、ライブやフェスのスピーカー出力に耐えうるクオリティが作れるようになった、そんな時代だからこそ楽しめるEDM、パリピが先行して楽しんでいますが、
良いものは浸透します。家で聴くのもよし、外で聴くのもよし。

この素晴らしい音楽ジャンルなのですから、ぜひとも我が国日本からも良いミュージシャンがお茶の間を沸かせてくれたらと思っていますし、
何より自分がEDMファン、DAWもやるので、このまま誰もやらないなら、自分がやるしか、、なんて思ってしまう感じです。

素人のぼやきですが、こう言ったことがネットでは探せなかったので
荒削りな自分が書いてみた次第でした。
今日はこの辺で、おやすみなさい。

ご褒美の大切さ

毎日怒涛のような日中を過ごし、働いた自分にご褒美を。ってことでGUCCIのネクタイ買ってみました!結婚式披露宴とかのいざ、ってときにいつも安い仕事用ネクタイしてたんです。残念ながら結婚式のピークも過ぎた年齢ですが、一つ持っておけば安心!ってことで、買いました。

が、今回のポイント。お店で買ったのですがGUCCI公式店舗は遠すぎるので、色んなブランド扱ってるところで買いました。

ただ、ネット公式より少し安かったので、

「これは中古品ですか?」

「いえ!新品です。」

「オンラインショップより少し安いので気になって、、」

「本物です!でないと犯罪ですから。こちらは並行輸入品になります。」


なるほど。。とりあえずネットで目をつけてたやつ、本物とても良かったので即購入。


で、並行輸入品ってなんだろ?ってことで調べてみました。


まず対義語は「正規輸入品」。

海外ブランドの日本法人などがそのブランドから直接、輸入し販売しているもの。


では「並行輸入品」は、

海外の量販店、直営店、ネットショップで購入し、輸入して販売しているもの。


流通ルートが違うだけで、輸入して販売していることは変わりなく、犯罪ではない。


並行輸入品が安いのは、円高円安によって仕入れ値を抑えることが可能、また現地では安売りしていることも。正規輸入品はブランドイメージや値崩れ防止のために安売りしないということがある。。

なるほど。つまり僕が買ったGUCCIのネクタイは確かに本物である。仕入れ業者が大量購入か円のレート、など何らかの手法により安めに仕入れることが出来た、そういうことなのでしょう。

ただ返品はできない旨、買うときに言われました。それが条件なのですね。

ネット公式で買っても返品はしないだろう。。というか今回も実店舗で買ったので試着して納得してから買えたこともあってとても満足です。


ブランドもの久々に買ったけど、こういう物欲のご褒美は日々仕事を頑張っていく上で必要だなぁと感じました。

さあ明日も頑張るぞ。


クレーム対応

クレーム。
僕は専門家ではないのでクレームの歴史とかは分からないのですが、
お客様は神様、そんなイメージがなぜか浸透してしまったことにも原因はあるのではないでしょうか。

恐らくですが、お客様は神様、は企業側の心のおもてなしですよねきっと。
そういう風に対応せよ、と。我々はお客様のお金で食べている。
わかりますすごく。素晴らしい精神だと思います。

だけど、これが客側が付け上がるかのように、俺は神様だ、ってなるのはおかしいと思いますよね。
でも残念ながらそこまで考えることができないケースというのも世の中には多々あるのだと思います。

僕も仕事上クレーム対応があり、どのように対応すれば良いのか分からずものすごくメンタルが疲れた経験があります。今日はネット上で拾い集めたクレーム対応術を書き記して、クレームへの耐性をつけれたらなと思いました。

①大声を出すパターン
冷静さを失っている。今まで大声で相手を怯ませ、うまくいった経験がある。
→対応はこれ一つ:「お客様、大変恐れ入りますが大きな声はご遠慮ください。」
→効果:約7割は我に還る。
それでも続ける場合は一線を越えると判断
・居座る→不退去罪
・土下座→強要罪
・大声続ける→強要罪
これらを知っておくことで、気持ちが楽になる。。

②自分の脇の甘さパターン
人である以上その日のパフォーマンスが100点のときもあれば、65点のときもある。お客は100が普通だと思っている場合もある。お金をいただき働いているプロである以上、甘えは払拭して100であること。

③言い訳でなく合理的主張
海外では、相手の言い分をまず聞く。すべての話がテーブル上に出た上で、一つ一つを合理的に対応していく。こちらにも言い分がある。日本ではそのようなことは言わず、対応するのが美となっている場合もあるが、こちら側の主張ももっとして良いのではないか。


今日は少ないですが、明日からまた出張のためこの辺で(合理的主張?)

余談:やっぱりこうやってブログにアウトプットすることで、自分の思考が整理され、ただWebの記事を読むだけとは大違いに、自分の知識や身になっていると思う場面がありました。
ブログって良いんですね。
誰かのためというよりかは、自分が得た知識をアウトプットすることで自分の身にするため。そんな自分勝手なブログですが、誰かのためになればこれ幸い。そんな感じでおやすみなさい。

 

アーティストネーム

アーティストネーム。
芸名ってやつでしょうか。

音楽やる人は、いくつかのネーミングパターンがあるかと思います。

①本名
その名の通り本名でやる人です。旧漢字だったりするときはわかりやすく常用漢字に置き換えてる場合もありますね。バンドからソロになった人に特に多いイメージ。メリットは、どーもー○○ですっていつもの自分と変わらない感じで人と接することができる。デメリットは熱狂的なファンやアンチができたとき、プライバシーが損害される場合もあるのかも。例:奥田民生小室哲哉YOSHIKI

②本名もじり型
本名をもじったものです。あだ名も含む。名前は本名で苗字が芸名とかも含む。メリットは昔から呼ばれてるものなら愛着もあるし、呼ばれても反応できますね。デメリットは、呼びやすくなければマイナスなことと、既存の人と丸かぶりさえしなければ、ですね。例:タッキー、HIRO、岡崎体育氷川きよし

③全く関係ない姓名
本名っぽい(苗字+名前)けど、全然違うパターン。メリットは自分の本名関係ないのでプライバシー安全。デメリットは自分の中で浸透してないと呼ばれたときに違和感あるかもで、後々嫌になるかも。例:松田聖子

④本名関係なし、英語表記の名前
個人って知らなければグループなのか外人なのか不明なパターン。例:Avicii、ZEDD、Banvox


どうでしょう、大きく分けるとこんな感じでしょうか。。
近年では検索されやすいことも大事なので、エゴサーチして事前に被りがないかチェックした方がいいですね。

僕は苗字で全て通じて欲しいですが、本名のプライバシーさらけ出してる感は苦手なので、、
なんでしょうか。本名もじり型か、英語表記系が合ってると思います。

苗字+全然関係ない パターンでいいの常に探してるんだけどなかなか思いつかないです。。

出張から帰りました。

長距離バスの過ごし方の正解ってなんだろな。

出張帰り、約5時間のバス移動なのでした。
毎回のとんでもない時間の移動中はどうしようか、と考える。

結局これに辿り着いている
・寝る(姿勢上、辛いが)
・本を読む(日中でないと辛い)
・車内で流れてるDVDを見る(一回見たら2時間は見る覚悟必要or映画がつまらないときは即終了)
・イヤホンで音楽聴く(ずっとは耳が痛くなりがち)

失敗したこと
アマゾンプライムを見る(iPhoneを置く位置が難しい。下だと首痛いし、画面が太陽で反射する)
・研修資料を予習or復習(A4サイズをバスの中でガサゴソするには結構辛い、結果気が散って効率悪い)

プライベートでは値段倍するけどお金に余裕あるときは飛行機使ったりもします。バス5時間が飛行機40分程度。まあ、空港行ったり諸々かかるけど精神的な楽さは圧倒的。

車もたまにだと気分転換にはいいですね。
今のとこ僕は出張大好きです。日常を離れてリフレッシュできるから。でもきちんとリフレッシュするにはちゃんと作戦立てていかないと、出張負け(疲れてしまうこと)してしまうから注意。美味しいもの、泊まるホテル、道中の過ごし方、当日変わるのは自由として、基本は決めていくこと、が自分の型って感じです。では、おやすみなさい。

出張先からiPhoneにて

先述の通りワンランク上のホテルに宿泊中です。今までが最安値だったからこれがノーマルなホテルって感じ。

まず綺麗。温泉付き。店員?(ホテルでは何でしたっけ、、スタッフですか?笑)が丁寧。すごく丁寧。いやそこまでしなくて良いんですよって、いつものガサツな対応が人見知りな自分にはちょうど良かったりする。。

 

さあ仕事も終わり夜は何を食べよう、となってたんですが週末の金曜土曜と結構なご馳走食べる予定になってるので、今日はセーブすることに。日中のスーツがキツいってのもあり笑

夜はセブンイレブンで、おでんとサラダチキンとゆで卵のメニュー。

まず、おでんの大根いただきましたが、のんなに美味しかったっけ!と驚き、続いてのロールキャベツも美味すぎる。。さすがセブンイレブン様。で、しみ豚バラ。もう最高。おでんでこんな幸せな気分になるのはセブンくらいです。

続いてゆで卵。これまた美味すぎ。。セブンの商品開発者の味覚は神がかってます。もちろんサラダチキンもうまい。お気に入りのスモーク味。

で、ビールを飲んで←

これから温泉行ってきます。

 

テレビでサバ缶イワシ缶が良いって話、またやってる。去年あたりだっけか、すごく話題になってたけど、僕はその半年前くらいから気付いて今もほぼ毎日家ではサバ缶かイワシ缶のどっちかを食べてます。

なぜかというと健診で悪玉コレステロールが引っ掛かったから笑 ネットで検索しまくった結果サバ缶が良いということを知り、買い溜め。その後テレビで話題になってました。

安くて美味しいから続くんだよね。出張から帰ったらまた、お世話なります。

では今日はパソコンじゃなくてiPhoneから書いてますんで、この辺で。

ホリエモンフリック入力がキーボードタイピング並みに速くなったからますますパソコンは使わなくなったと言っていましたが、僕も割とiPhoneのメモ帳だったりはよく使います、歌詞の断片やネタになりそうなものだったり曲の案だったりをメモしてます。音の方がいい時はボイスメモ。

ほんと、生活はiPhone様々です。

ゆでたまごと私

ゆでたまご、好きですか?

僕は好きでも嫌いでもありませんでした。

この商品に出会うまでは…!
それがコレです
http://amzn.asia/d/2yjlhuK


レンジでチンで、超簡単にゆでたまごができます。
しかも皮がめちゃ剥きやすいっていう、これこそ使い続ける理由。

カレーに入れても、ラーメンに入れても、
合わない料理を探す方が難しいかもしれない(僕が普段食べる物の中では)

今まではゆでたまごはお湯で作るものと思っていたので、
カレーやラーメンでも面倒で生卵で投入することもしばしばでした。
卵感がほしいというときですね。

何度も言いますが本当にオススメです。
人生変わります。マジで。

ダイエットにもゆでたまごはかなりベストなチョイス。
壊れることもなさそうだし
これからもこの先ずっとお世話になるでしょう。。